【wordpress】カスタムフィールド内の文言を検索対象にできるプラグイン「Search Everything」

カスタム投稿タイプやカスタムフィールドを使ってサイトを作成している人には必須のプラグイン「Search Everything」。

このプラグインをインストールすると管理画面で検索対象の追加や削除が容易にできます。 “【wordpress】カスタムフィールド内の文言を検索対象にできるプラグイン「Search Everything」”の続きを読む

カスタム投稿タイプの記事のURLに.htmlをつけれるプラグインCustom Post Type Permalinks

カスタム投稿タイプの記事のURLに「.html」を付ける方法。
デフォルトでは、.htmlはつかない。

function.phpを改変することでも可能だけど、プラグインで簡単にできるのでプラグイン導入がオススメ。 “カスタム投稿タイプの記事のURLに.htmlをつけれるプラグインCustom Post Type Permalinks”の続きを読む

【wordpress】所属しているターム名を表示する方法

表示されている記事の所属しているターム名(カテゴリー名)を表示させる方法。

・所属しているターム名(カテゴリー名)をひとつ表示

<?php $terms = get_the_terms($post->ID, 'taxonomy名'); foreach($terms as $term){ $term_name = $term->name; echo $term_name; break; }; ?>

・所属しているターム名(カテゴリー名)一覧を表示(リンク有り)

<?php echo get_the_term_list( $post->ID, 'taxonomy名', '<div>', '区切り部分のhtml', '</div>'); ?>

・所属しているターム名(カテゴリー名)一覧を表示(リンクなし)

<?php $terms = get_the_terms($post->ID, 'taxonomy名'); $t_slug=''; foreach($terms as $term){ $term_name = $term->name; $t_slug = $t_slug.$term_name.'区切り部分のhtml'; }; $t_slug = substr($t_slug, 0, -1); echo $t_slug; ?>

【wordpress】get_postで特定の投稿タイプのタクソノミーのタームに属する記事の一覧表示と、カスタムフィールド表示の方法

wordpressでカスタム投稿タイプを使い、複数のタクソノミーやタームに分けているこきに特定のタームに属する記事の一覧表示がしたい場合。
またその一覧表示で、特定のカスタムフィールドの値を表示したい場合にテンプレートに記載するphpのメモ

<?php $tax_posts = get_posts('post_type=投稿タイプのスラッグ&taxonomy=タクソノミーのスラッグ&term=タームのスラッグ&posts_per_page=表示する数'); if($tax_posts): ?>
 <ul>
  <?php foreach($tax_posts as $tax_post): ?>
  <li><a href="<?php echo get_permalink($tax_post->ID); ?>"><?php echo esc_html($tax_post->post_title); ?></a><br />
      <?php echo $tax_post->{'カスタムフィールド名'}; ?>
  </li>
  <?php endforeach; ?>
 </ul>
<?php endif; ?>

アイキャッチ画像は

<?php echo get_the_post_thumbnail( $tax_post->ID, 'thumbnail' ); ?>

thumbnailの部分を下記に変更すると

the_post_thumbnail( ‘thumbnail’ ); // サムネイル (デフォルト 150px x 150px :最大値)
the_post_thumbnail( ‘medium’ ); // 中サイズ (デフォルト 300px x 300px :最大値)
the_post_thumbnail( ‘large’ ); // 大サイズ (デフォルト 640px x 640px :最大値)
the_post_thumbnail( ‘full’ ); // フルサイズ (アップロードした画像の元サイズ)

the_post_thumbnail( array( 100, 100 ) ); // 他のサイズ(トリミング)

いろいろと変更できます。

カスタム投稿タイプの特定の記事の特定のカスタムフィールドを表示する方法【wordpress】

ワードプレスでカスタム投稿タイプで作った記事の特定のカスタムフィールドをテンプレートに表示する方法。

カスタム投稿タイプといっても記事なので編集画面のURLから記事IDを見つけてくればOK

/wp-admin/post.php?post=8515&action=edit

の8515の部分。これを下記の投稿IDに挿入。

<?php
$fielddata = get_post_meta( 投稿ID, 'カスタムフィールド名', true);
?>

でフィールドのデータが変数$fielddataの中に入ったので。
出力したいところに下記を記載

<p><?php echo $fielddata ; ?></p>

これで表示されます。
もし中身がある場合のみ表示したいのであれば

<?php if(get_post_meta(投稿ID, 'カスタムフィールド名', true)): ?>
<p><?php echo $fielddata ; ?></p>
<?php endif; ?>

を記載すればOK。
もしカスタムフィールドが画像ファイルだった場合は下記の方法で画像URLを取得して出力

<?php $fielddata  = get_post_meta(投稿ID, "カスタムフィールド名", false);
foreach($fielddata as $fielddata ){
    $fielddata = wp_get_attachment_url($fielddata);
}
?>
<p><img src="<?php echo $fielddata; ?>" alt="" width="100" height="100" /></p>

Jigoshopでメールなどに記載される住所を日本の順番に変更する方法

JigoShopは海外のCMSなので住所の表示順が海外仕様です。

それを日本仕様の
郵便番号
都道府県

住所
と日本の住所の順番になるように変更する方法をメモします。
“Jigoshopでメールなどに記載される住所を日本の順番に変更する方法”の続きを読む

wordpressで管理人以外の会員にはadminbarやダッシュボードを見せない方法

wordpressで管理人以外の会員やユーザーにはadminbarやダッシュボードを非表示にする方法。

通販サイトやメールマガジン配信しているサイトで重宝するかも。
“wordpressで管理人以外の会員にはadminbarやダッシュボードを見せない方法”の続きを読む

jigoshopでサイズ等を選択可能にして別々の値段を設定する方法

wordpressの通販サイト構築プラグイン「jigoshop」でサイズなどを選択可能にしてそれぞれ別々の料金を設置する方法をメモ。

Attributeを作成する

まずはAttributeと呼ばれる属性を作成しましょう!
属性とはサイズや重さなど商品の説明に必要な項目のようなものです。

jigoshop_Attribute

Attributeの設定項目は
Attribute Label:属性の設定名(サイズなど)
Attribute Slog:URLとなる部分(m-sizeなど。ローマ字で。)
Attribute Type:Multiselect(複数選択)、select(ひとつ選択)、text(テキスト入力)

Attribute Typeは例えばサイズ等で分ける場合、Multiselectにしておくと商品詳細ページでS、M、Lサイズを選択できる設定ができます。

textの場合はコロコロと内容が変わるものの場合に、商品登録時にて入力で属性の値を入力したい場合に使用します。

属性の値を設定する

作成したAttributeのラベルをクリックすると属性の値を設定する画面に移動します。

jigoshop_Attribute2

こちらも同様に
名前:属性の名前(Lサイズなど)
スラッグ:URLになる部分の設定(L-sizeなど)
親:設定必要なし
説明:設定必要なし

と設定します。

こんな感じです。
jigoshop_Attribute設定画面

商品登録画面でのAttributeの設定

上記のAttributeを設定後、商品登録画面で設定したものが選択できるようになっています。

jigoshop_Attribute設定画面

1.Product Typeは必ずVarriableに設定し、Attributeタブからさきほど作成したサイズを選択し、Add Attributeを押して追加しましょう。

jigoshop_Attribute設定画面5

追加すると作成した属性と作成した属性の値が追加されます。
ここでは属性=サイズ、属性値=SMLサイズ
です。

必ずここで「is for varitations」にチェックしてください。
チェック後一度「下書きをして保存」や「公開」ボタンで商品を更新してください。
※一度更新しないと設定画面が表示されません。

2.属性にそれぞれ料金を設定していきます。

jigoshop_Attribute設定画面6

属性別に料金等を設定するにはタブのVariationsを使います。

Add Variationをクリックして設定されているAttributesを追加します。
例えばSMLサイズを設定したい場合は3つ設定が必要ですので、3回追加してそれぞれに設定します。

jigoshop_variations設定画面

追加後設定する属性を左上のドロップダウンで選択します。
一番上のものは一括設定になっており、属性値別で料金を設定せずに、ただ属性を選択させたい場合に設定します。

TYPE:Simple、daunloadable、Virtualより選択(Simpleが普通の商品です)
SKU:商品番号
STOCK QTY:商品在庫
PRICE:料金
SALEPRICE:セール料金
ENABLED:チェックで公開
WEUGHT:重量(kg)
DIMENSIONS:縦、横、高さ(cm)
個別に画像を設定することもでき、設定すると選択した場合に商品画像が切り替わります。

必要ない項目は空白でOKです。
サイズごとに料金を変える場合は料金とDIMENSIONSの設定でOK!

下部のDefault selections:は最初に選択されているサイズの設定です。
例えばMサイズを設定すると、商品詳細画面で最初からMサイズが選択されています。柄などで分ける場合に最適ですね。

あとは普通に商品画像を設定して公開すればOKです!