jigoshopでサイズ等を選択可能にして別々の値段を設定する方法

wordpressの通販サイト構築プラグイン「jigoshop」でサイズなどを選択可能にしてそれぞれ別々の料金を設置する方法をメモ。

Attributeを作成する

まずはAttributeと呼ばれる属性を作成しましょう!
属性とはサイズや重さなど商品の説明に必要な項目のようなものです。

jigoshop_Attribute

Attributeの設定項目は
Attribute Label:属性の設定名(サイズなど)
Attribute Slog:URLとなる部分(m-sizeなど。ローマ字で。)
Attribute Type:Multiselect(複数選択)、select(ひとつ選択)、text(テキスト入力)

Attribute Typeは例えばサイズ等で分ける場合、Multiselectにしておくと商品詳細ページでS、M、Lサイズを選択できる設定ができます。

textの場合はコロコロと内容が変わるものの場合に、商品登録時にて入力で属性の値を入力したい場合に使用します。

属性の値を設定する

作成したAttributeのラベルをクリックすると属性の値を設定する画面に移動します。

jigoshop_Attribute2

こちらも同様に
名前:属性の名前(Lサイズなど)
スラッグ:URLになる部分の設定(L-sizeなど)
親:設定必要なし
説明:設定必要なし

と設定します。

こんな感じです。
jigoshop_Attribute設定画面

商品登録画面でのAttributeの設定

上記のAttributeを設定後、商品登録画面で設定したものが選択できるようになっています。

jigoshop_Attribute設定画面

1.Product Typeは必ずVarriableに設定し、Attributeタブからさきほど作成したサイズを選択し、Add Attributeを押して追加しましょう。

jigoshop_Attribute設定画面5

追加すると作成した属性と作成した属性の値が追加されます。
ここでは属性=サイズ、属性値=SMLサイズ
です。

必ずここで「is for varitations」にチェックしてください。
チェック後一度「下書きをして保存」や「公開」ボタンで商品を更新してください。
※一度更新しないと設定画面が表示されません。

2.属性にそれぞれ料金を設定していきます。

jigoshop_Attribute設定画面6

属性別に料金等を設定するにはタブのVariationsを使います。

Add Variationをクリックして設定されているAttributesを追加します。
例えばSMLサイズを設定したい場合は3つ設定が必要ですので、3回追加してそれぞれに設定します。

jigoshop_variations設定画面

追加後設定する属性を左上のドロップダウンで選択します。
一番上のものは一括設定になっており、属性値別で料金を設定せずに、ただ属性を選択させたい場合に設定します。

TYPE:Simple、daunloadable、Virtualより選択(Simpleが普通の商品です)
SKU:商品番号
STOCK QTY:商品在庫
PRICE:料金
SALEPRICE:セール料金
ENABLED:チェックで公開
WEUGHT:重量(kg)
DIMENSIONS:縦、横、高さ(cm)
個別に画像を設定することもでき、設定すると選択した場合に商品画像が切り替わります。

必要ない項目は空白でOKです。
サイズごとに料金を変える場合は料金とDIMENSIONSの設定でOK!

下部のDefault selections:は最初に選択されているサイズの設定です。
例えばMサイズを設定すると、商品詳細画面で最初からMサイズが選択されています。柄などで分ける場合に最適ですね。

あとは普通に商品画像を設定して公開すればOKです!

wordpressでget_the_dateなどの日時表示を2回以上繰り返して使う方法

wordpressの投稿日付を表示するためのテンプレートタグ「get_the_date」記事一覧表示などの繰り返しの中で使うことが多いタグですが、同じget_the_dateは一度しか使えません。

ですがhtml5になりtimeタグのdatetime属性と日付表示両方で使用する場面が増えました。

例えばforeachなどの繰り返しの中で

<time datetime="<?php echo get_the_date('Y-m-d'); ?>" class="date"><?php echo get_the_date('Y年m月d日'); ?></time>

と記載したい場合がありますが、上記の方法だと2回目が表示されません。
そこでget_the_dateを2回以上繰り返して使う方法をメモします。
“wordpressでget_the_dateなどの日時表示を2回以上繰り返して使う方法” の続きを読む

Facebook Recommendation BarをWordPressに導入する方法

Facebook Recommendation Bar

画面をスクロールしていくと出てくるFacebook Recommendation Barをwordpressに導入する方法。
CTRの向上に役立つと言われていますし、別に視界の邪魔にならないように表示されるので是非一度設置してみてください
“Facebook Recommendation BarをWordPressに導入する方法” の続きを読む

カスタムフィールドの数字にカンマを入れて表示する方法

wordpressでjigoshopプラグインで通販サイトを作成していてカスタムフィールドに入っている料金を出力する際に自動的に数字にカンマをつけて表示する方法のメモ。
“カスタムフィールドの数字にカンマを入れて表示する方法” の続きを読む

wordpressのメニューで外部リンクを新しいウィンドウで開く target=”_blank”を設定する方法

wordpressのメニューカスタマイズで外部リンクを新しいウィンドウで開く target=”_blank”を設定する方法のメモ

なぜこんな簡単なことに気付かなかったのか。。。
“wordpressのメニューで外部リンクを新しいウィンドウで開く target=”_blank”を設定する方法” の続きを読む

次の記事・前の記事のリンクを同一カテゴリ内のみの記事にする方法【wordpress】

wordpressで次の記事、前の記事のリンク先を同一カテゴリのみの記事にする方法
特にwordpressでサイトを制作してるときにサイト内ブログと更新情報とかを分けたい場合に使うと思います。

<?php previous_post_link('« %link', '%title', TRUE, ''); ?>
<?php next_post_link('%link »', '%title', TRUE, ''); ?>

特定のアーカイブの場合のみ表示を変更【wordpress】

wordpressで特定のアーカイブページの場合のみ並び順を変更したり表示を変更する方法。

wordpressで特定のアーカイブページの場合のみ並び順を変更

「カテゴリー名」の場合のみ昇順

<?php
if( is_category( 'カテゴリー名' ) ) {
query_posts( $query_string . "&order=ASC" );
}
?>

wordpressで特定のアーカイブページの場合のみ表示を変更

カテゴリーID4のアーカイブページが表示されている場合のみ表示

<?php if ( is_category('4') ): ?>
表示する内容
<?php endif; ?>

特定のカテゴリーの場合のみ表示【wordpress】

wordpressで特定のカテゴリーの時のみ表示させるテンプレートタグ。

カテゴリーIDを指定

<?php if(in_category('5')): //カテゴリーIDが5の時のみ ?>
カテゴリーIDが5の時のみ表示
<?php endif; ?>

これをテンプレートに書き込んで特定のカテゴリーの場合にサイドバーの変更やヘッダー変更などをしてデザインを完全に変更することも可能です。

wordpressのフォーム「contact form 7」でラジオボタンを最初から選択済みにさせる方法

wordpressのフォームで一番有名なプラグイン「contactform7」でラジオボタンを最初から洗濯済みにさせる記述。
“wordpressのフォーム「contact form 7」でラジオボタンを最初から選択済みにさせる方法” の続きを読む