wordpressでget_the_dateなどの日時表示を2回以上繰り返して使う方法

ワードプレスアイキャッチ

wordpressの投稿日付を表示するためのテンプレートタグ「get_the_date」記事一覧表示などの繰り返しの中で使うことが多いタグですが、同じget_the_dateは一度しか使えません。

ですがhtml5になりtimeタグのdatetime属性と日付表示両方で使用する場面が増えました。

例えばforeachなどの繰り返しの中で

<time datetime="<?php echo get_the_date('Y-m-d'); ?>" class="date"><?php echo get_the_date('Y年m月d日'); ?></time>

と記載したい場合がありますが、上記の方法だと2回目が表示されません。
そこでget_the_dateを2回以上繰り返して使う方法をメモします。

wordpressで日時表示で2回以上繰り返し使用できるテンプレートタグthe_time

get_the_dateをもう一つの日付表示テンプレートタグであるthe_timeに変えるだけで2回日付表示可能になります。

<time datetime="<?php the_time( 'Y-m-d' ); ?>" class="date"><?php the_time( 'Y年m月d日' ); ?></time>

で二回使用することができます。

なんとも簡単でしたxD


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。